讃岐缶詰 工場紹介
  • 讃岐缶詰 本社工場
  • 讃岐缶詰 三野工場
  • 讃岐缶詰 善通寺工場
  • 讃岐缶詰 秋田工場
本社工場

本社外観

1973年5月、香川県外で初めて開設されたのが秋田工場です。そのきっかけは、香川県のマッシュルーム栽培農家の減少に伴い、稲作が盛んなマッシュルーム農家を募ると同時に、秋田県に設立されました。その後、主力商品がが東北の特産フルーツへと変遷し、山形産の「さくらんぼ」「白桃」「洋梨」、青森産の「りんご」など産地隣接のメリットを発揮した生産拠点へと進化しました。また各工場との連携の中で補完生産にも担えるマンパワーを有します。

〒015-0854
秋田県由利本荘市上大野123

1973年

  • みかん 缶詰
  • 白桃 かんづめ
  • いちじく かんづめ
  • 栗 かんづめ
本社工場写真
傷みに弱いデリケートなフルーツを扱うため、自動化設備に頼れない、手作業による加工能力の高さが求められます。素材の均質化へのこだわり、生産ラインでの専従による加工技術力など、随所にベテランならではノウハウが蓄積されています。
OEM先からの産地ブランドの指定を受けての、安定した素材調達は最大のテーマです。また、アイテム別の生産設備や生産ラインの構築、アイテム別に熟知した技術者の育成、JAS認定工場として必要不可欠の資格取得と、全行程での先進性を確立しています。 
設立時のマッシュルーム生産から、東北ならではの特産フルーツの加工へと生産アイテムは変わっても、生産ノウハウは継続しています。40年の実績は人材と生産ラインをより高度でフレキシブルに対応を可能としています。弊社全体の生産支援力へとつながっています。
秋田工場では「ふるさと工房」という設備を設置しています。この工房では、懐かしい故郷の味を求めてお土産にと切望される地方の方への貢献を目的に設置されました。思い思いに食材を持ち寄り、それを社員が指導して缶詰にしています。内容もサイズも数量もまちまちですが、故郷の味やおふくろの味などを「マイ缶詰」として遠方の人へ想いを込めて送り出しています。40年にわたる地場企業として秋田市民にとけ込む微笑ましいサービスです。